Monthly Archive: 10月 2017

シミの元になっている色素

しわとりテープは顔のしわを隠して若々しい雰囲気にするので、テレビ番組の中で某タレントさんが魔法の効果を紹介して、私も驚きました。効果も高く便利ですが、本来の皮膚の形状を変えるワケですから、あまり長い時間使っているとただでさえシワのある部分の肌は薄いので、貼っ立ところから赤くなったり、ブツブツを生じる可能性もあるようです。カラコンなどと同様、しわ取りテープもトラブルが生じない程度に、依存しすぎないことが大切かも知れません。

お肌に現れたシミに悩んでいる方は多いと思います。シミ改善に効果的な食べ物として、ハチミツがあるようです。

はちみつのふくむ成分によりシミの元になっている色素を目たたなくなるはたらきがあるため、肌トラブルであるシミやそばかすなどを薄くする効果があるのです。お肌のシミが悩みの種とおっしゃる方はぜひハチミツを試してみたらいかがでしょうか。肌にシミが増えてしまうと、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。高齢になっていくにつれて、肌の回復する力が弱まり、日焼けに対して油断ができなくなりますから、十分な日焼け対策が必要となります。

日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどで紫外線をカットし、また、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、意欲的に摂りましょう。虫刺されの痕をずっと掻いていたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、肌が薄くなることがわかっています。

肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これは薄い層の重なりとなっています。傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。表皮は皮膚のバリアです。バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージが届く可能性が高まります。こうして真皮までもがダメージをうけて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、こうしてシワやたるみは生まれます。シミに効果的な肌対策としてパックをお勧めします。保湿、美白成分を贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、メラニンの生成を抑える役割を果たしてくれ、透き通るような肌にしてくれるでしょう。つい日焼けした時には特に効果があり、帰宅してすぐに、きちんとケアしたら、できてしまう前にシミを食い止められます。産後に体質が変わっ立という話は良く聴きますが、肌もその例に漏れないようです。

産後はホルモンバランスの大きな変化があり、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が生じることは避けられません。また、美肌ホルモンとも言われるエストロゲン(分泌量が減ることで、更年期障害が起こるといわれています)が急に減るため、肌は乾燥に傾く場合がほとんどです。

夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので気をつけてください。

表皮バリアが薄いので肌が敏感になるので、低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、うるおいを補填するようにケアするようにしてください。

ベビーちゃんとともに使えるケアアイテムもあるようです。一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の代謝を促進すると言われます。そして、お肌に結構水分は欠かせません。

体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。老廃物や有害物質がお肌にたまって、シミやくすみを悪くしてしまうのです。それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみばかりかシワも増えることになります。特に女性は水分不足に注意して頂戴。

美しい肌造りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。

抗酸化作用が特長のひとつに挙げられます。活性酸素を抑制し、シミの発生を抑えたり、紫外線のダメージをうけたお肌にできたシミを改善してくれます。

いいこと尽くしの効果が期待できるポリフェノールですけれども、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。

ですから、美肌のためにいいタイミングで摂取するのがオススメです。

肌にシワができるのには原因があるようです。何かというと、乾燥が一番であることはよく言われているようです。

エアコンの効いた乾燥しきった部屋にいたり汗をかいたことで皮膚の保湿成分がともに流れてしまったりした時にはことさら注意するべきでしょう。では、乾燥を防ぐにはどうするかと言う事ですが、こまめな保湿で肌を乾燥させないようにするのが乾燥によるシワを防ぐためには大切なことです。例えばスプレータイプの化粧水をもち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。

毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。人の肌に住んでいる常在菌も、高温多湿という環境下ではいつもより多くなります。真菌の中にマラセチア菌というものがあるようですが、この菌が引き起こすとされる一般的に「でん風」と言われている症状は、体のさまざまなところに発症します。

でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、逆に、皮膚が真っ白になってしまうものもあるようです。ただのシミと思わずに、よく観察してみましょう。

少しでも気になることがあるようなら、皮膚科を受診された方が良いでしょう。